火によって

f:id:takenao-feedback:20180503191312p:plain

けだるく

「火によって」ターハル・ベン・ジェッルーン著 岡真理訳 以文社

 旧市街の市場に行くと、通りの脇に立って、道行く人々に平和と祝福を祈る、男たちにしばしば遭遇する。たいていは老人であったり、なんらかの障害を持っていたりする者だ。通行人はさりげなく彼らの手にコインを握らせる。これらの男たちにとっては、他者に平和と祝福を祈ることに対して支払われる対価であって、物乞いに対する施し(ほどこし)ではないんだ。p93      Tahar Ben Jelloun【Par le feu】(2012)

f:id:takenao-feedback:20180408172550p:plain