環境を回復するための農業 3.有畜複含農業

3-1.有機農法

 有畜複含農業は、どうしたら有機農法に近づけるか、どうしたら無肥料・農薬不使用栽培に近づけるか、を模索してきた現状がある。日本では古来から「田んぼは肥料をやらなくても7割はとれる」という言い伝えがあった。引き込む水に養分が多量に含まれているからである。しかし、そのような条件のよい幸運な水田ばかりとは限らない。有機に切り替えて1年目はすばらしい成果をおさめる。3,4年目にはたいして成果は上がらない。5,6年目には、おかしい、ということになる。

 専門家はこの頭打ち現象をミネラル不足とみている。有機農法で使用する草食動物の糞尿堆肥や刈敷農法の腐植土は、もともと植物の組織で、ミネラルは十分に含まれているはずである。それなのに、農地から吸収した養分以上に肥料が必要なのは、ミネラルが農地から大量に流出しているからである。その理由はキレートの影響である。有機農法では、肥料の中に有機酸やアミノ酸などのキレート剤がたくさん含まれている。これは通常では、土壌の中の微生物が吸収して保持されている。ここで土を耕すと、微生物は活発になり互いに殺し合うので、このキレートミネラルが土壌から流出してしまう。そこでミネラルの適切な施用が行えるよう土壌分析を勧めている。(6)191

 ※土の生成は、風化作用によって岩石(土の母材)が、細かく砕かれたところに、原始的な下等植物や微生物が棲みつく。それらの遺体は、微生物によって分解され、植物の栄養分になる。この栄養分があることによって、より高等なコケや草が侵入する。コケや草が入ってくると、これらの遺体が、微生物に分解されて栄養分がさらに増え、土の動物が動物が棲めるようになる。土の動物は、分解された植物遺体をエサにして生き、死んでいく。高等植物が枯れて遺体になるということが繰り返されると、母材に蓄積した有機物と、岩石(土の母材)とが混じり合った土の表層が出来上がっていく。(6)p196しかし、土の母材が同じであっても、環境条件が違うと、出来上がる土は違ってくる。(6)p199例えば、気象や地形、立地条件、施肥や栽培技術、さらに作物の種類や品種の違いなど、多くの環境要因が関与している。(6)p96高品質で栄養価の高い生産物が収穫されたとしたら、どのような条件でそうなったのか、その条件をつくり出すにはどうすべきか、そういうことを考える。それは、どのような過酷で劣悪な土であっても、作物のできる土、人々が心豊かに暮らせる土に変えることができる(7)p99、という認識につながると同時に、「農地とは自然環境を破壊して、人が切り拓き、作物を栽培するためにつくられた土地で、人類がおこなった最初の自然破壊である。」(7)178ということをも理解できる。

引用文献・参照文献

(5)槌田敦「地球生態学で暮らそう」ほたる出版 2009年

(6)松中照夫「土は土である」農村漁村文化協会 2013年