創作ノート④ こどもの眼で・slow slope

おえかき部「梅雨を描く」2017.6/16

 絵筆で雨雲を転がす。見世物としての社会から、自然環境に依存する社会へスライドさせる発想とは何だろう?つまり、お金じゃない、だけどお金が要るということ。

 

たそがれをボロに込めて開く回路

 

しのだち農園「いなべ田植え体験会」2017.5/28

 味噌汁が好きだ。スポーツでは初期動作で勝負が決まるように、予測不能な先の明暗がはっきりと分かれる。スープはきっと姿勢なのだろう。味噌づくりはしたことがないが、作り手によって十人十色、非常に個性が出せる。

 体験会は、大豆ではなく、お米の田植えから稲刈りまでほぼ全工程である。いなべ米は、30キロ貰えるとのこと。しかし、三重県の獣害はかなり深刻、サル、シカ、イノシシ、キツネ、ウサギ、リス、カモシカ、もう切りがない。経営は難しいが、今だから福祉避難所が必要だ。特に友産友消は侮れない。食物がドカッと軒先においてあるだけで、ジーンときてしまう。

「農をやっていれば究極、雨露をしのげる家さえあれば飢え死にすることはない。お金はなくても食べていけるのは、とても心強いことに違いない。」p31小島希世子・ホームレス農園より引用

 

参考

藤原さくら「My Way」

Spitzアジサイ通り」

棲13号「装うの向こうに」自由空間