環境を回復するための農業 5.農業機械

環境を回復するための農業 4.市場経済性

環境を回復するための農業 3.有畜複含農業

3-1.有機農法 有畜複含農業は、どうしたら有機農法に近づけるか、どうしたら無肥料・農薬不使用栽培に近づけるか、を模索してきた現状がある。日本では古来から「田んぼは肥料をやらなくても7割はとれる」という言い伝えがあった。引き込む水に養分が多量に含…

環境を回復するための農業 2.自営就農ネットワーク

行政‐民間企業‐自営業 就農計画とは、こちらから具体例を示すことである※(1)。ありえない就農計画になってはいけない。就農支援に対応するためのネットワークが必要不可欠。当然ながら、連携すべき相手は行政だけではない。ネットワーク協議会の立ち上げや民…

環境を回復するための農業 1.就農支援策

就職就農‐自営就農 私自身の就農支援策として、第一に技術力が十分かどうかを考える。上手に栽培するのが、何より難しい。これについて、新規就農研修制度があるところは、実際に居住し、日常生活を送って就農する。技術習得の期間をどのくらいと見極めるか…

創作ノート⑤ night soil

お絵かき部・活動内容「ルールを決めて描く」2017.7/28 思想を持ち込まないこと。意味を探さないこと。以下、最後の思想 ほんとうの善はどんなものでも矛盾する条件を伴う。だからその結果、不可能である。注意をこの不可能にほんとうに集中し、そして行動す…

創作ノート④ queermos

おえかき部 活動内容「梅雨を描く」2017.6/16 絵筆で雨雲を転がす。見世物としての社会の抑圧から、自然環境に依存する社会へスライドする発想とは何だろう?つまり、お金じゃない、だけどお金が要るということ。 北伊勢藤原トレイルを始める。元々、トレイ…

創作ノート②ecru

あぐりの杜プロジェクト・活動内容「竹炭をつくろう」(2017.5/14) なだらかな傾斜に乗って回す時代 「過去をひきずり、先を見越してばかりいると、現在がぼやけてしまう。現在(Now)この場所に(Here)存在する自分(Myself)を見据えることで、過去も未来もしょ…

創作ノート③cuticle

おえかき部・活動内容「貝合わせをつくろう」(春から初夏の静物)2017.5/26 脳が委縮するとは一体どういうことなんだろう?貝を合わせながら考えてみたい。 社会生活を営む上で支障がある場合を障害と定義し必要が発生するが、実質どうなのか?(医学的根拠が…

創作ノート①slou

おえかき部・活動内容「音から絵を描く」(2017.4/28) ガンジーの鍬が並んだ人の道に 学生の頃、ヨーコ・オノさんの「グレープフルーツ」とジョン・レノンの「ジョンの魂」を読んでいました。ビートルズを聴かないために。ラジオで浴びてますが、今では音楽を…